カテゴリ:自然の風景( 43 )

梅の公園


梅林の形態は散策するにはそれぞれに良さがあるが、
山の斜面を利用した梅園を俯瞰する美しさはたとえようもないくらいに素晴らしい。
また上の方へせりあがっていく紅白の花を見上げる素晴らしさは雪を冠った山々を見上げるような感動さえおぼえる。
山の上から俯瞰する梅花の風景は何時までも心にとどまっている。



c0253996_18173962.jpg










ーーーー

[PR]
by tabiji008 | 2014-03-19 18:17 | 自然の風景

激流





渓谷の流れは緩くなり、速くなりしながら流れ下っていく。
矢張りこの流れを見ていても岩を噛みながら流れ下る様は深い渓谷ならではの光景であろう。
何時まで眺めていても見飽きることはない。



c0253996_17435875.jpg











ーーーー

[PR]
by tabiji008 | 2013-12-25 17:45 | 自然の風景

富士のある一面





富士に限らず、出会った時に感動を覚え、イメージが湧き上がれば何も言うことはない。
どんないい景色に出合っても、自分なりのイメージが描けなければ画にはならない。
ただ美しさに惹かれて撮ったものは単なる絵葉書写真に過ぎない。




c0253996_17344797.jpg








ーーーー

[PR]
by tabiji008 | 2013-12-24 17:35 | 自然の風景

落ち葉散り敷く道をたどると・・・・・



道を埋め尽くす様に散り敷いた落ち葉・・・・踏み拉かれて粉々になった姿はいかにも哀れ。
風が吹き抜けると舞い上がり、始末に負えない・・・・・
夏には日陰を作り、秋には真っ赤に紅葉して、人々を楽しませた木々の葉も散り敷いた落ち葉は厄介者。
だがこれが自然の摂理・・・・なにも人間様の機嫌を損ねようとしている訳ではない。
人間の手前勝手な言い草でしかない、要は人間様のエゴ・・・・・
葉っぱを落とし切って、すっかり冬支度の整った木々の間からすっきりとした富士が姿を見せていた。



c0253996_16553088.jpg













ーーーー

[PR]
by tabiji008 | 2013-12-16 16:56 | 自然の風景

田貫湖周辺の紅葉





朝方は大量の雲が一面に広がっていたのだが、昼少し前からほとんど消え去り真っ青な青空に浮かぶ富士の稜線が美しい。
雪を冠った富士は何もなくてもいい画になるのだが、折角の紅葉の時期、湖の周辺に広がる紅葉が富士を背景に主役を務めてくれる。
田貫湖は湖岸を周回できる道路も整備されている様だが、
一度は田貫湖周辺でゆっくりと過ごして、刻々と変化する富士の姿を撮ってみたいような気もする。




c0253996_15502918.jpg









ーーーー

[PR]
by tabiji008 | 2013-12-06 15:51 | 自然の風景

朝霧高原からの富士




富士の周囲を一周すると、それぞれに美しい姿を見ることが出来るが、朝霧高原付近からの姿は実に流麗である。
ここからの眺望がとても好きで、通過するときはよく撮っているような気がする。
雪を冠った富士にちょいと脇役の雲が架かるということはない。

139号線を走ると、長い間その美しい姿を見ることが出来る。
この道路には駐車スペースも結構多い。
この139号線は富士市を発して、富士五湖の側、青木が原の横を通りぬけて、
大月を経由し東京奥多摩湖で青梅街道大菩薩ラインにぶつかって終わる、実に変化に富んだ道路の様である。



c0253996_15174235.jpg











ーーーー

[PR]
by tabiji008 | 2013-12-03 15:19 | 自然の風景

湖岸の紅葉~本栖湖~




本栖湖の紅葉は河口湖の紅葉とは一味違った趣を見せる。
どの湖も同じ様な風情なら興が削がれる。

富士が世界遺産に成った所為なのか、富士周辺の道路は至る所道路を掘り返している。
世界遺産に成って慌てて道路の補修にかかったのだろう。
折角美しく晴れ上がった富士を見ても、道路の渋滞では一片に興ざめである。
凡そ、日本の政治屋や役人などの頭の中ってこの程度のものなのであろう。



c0253996_16304513.jpg











ーーーー

[PR]
by tabiji008 | 2013-11-29 16:30 | 自然の風景

湖岸の紅葉~河口湖~




ウイークデーにも拘らず、河口湖のもみじ祭りの開催中とあって多くの人が出ていた。
あいにく午前中は雲が多く富士も隠れ気味・・・・・・
精進湖や本栖湖などを巡ってみたが・・・・・・
それでも、昼に近づくにしたがって、雲も消え始めついに一片の雲もなく晴れ渡った。
紅葉は陽が降り注ぐ時初めて、輝きを見せてくれる。



c0253996_164312.jpg











ーーーー

[PR]
by tabiji008 | 2013-11-28 16:04 | 自然の風景

南アルプス遠望




午前も早い時間から湧き始めた大小無数の雲が、一面に広がってきた。
河口湖から精進湖、本栖湖と巡ってみたが、殆どダメ。
午前中はあきらめて富士が嶺へ行ってみると、随分と雲が少なくなっていた。
富士が嶺から71号線を進んで高みへ至ると展望の開けた駐車スペースがある。
直下の眼下には青木が原が広がり、その奥には本栖湖が展望できる。
遠くは幾重にも重なった山並みの向こうに、南アルプスの真っ白な雪を戴いた連峰が素晴らしい光景として飛び込んでくる。

この光景はとても好きで、富士を巡る撮影行に出た時には立ち寄って、しばし見惚れている。




c0253996_1717594.jpg











ーーーー

[PR]
by tabiji008 | 2013-11-27 17:18 | 自然の風景

河口湖畔にて




河口湖へ着いた頃から、雲がどんどん湧き上がり、山の頂上が雲に隠れると、殆ど画にはならないので、撮影はあきらめていたのだが・・・・・
富士を巡る雲の動きが面白くて見るともなしに、しばらくの間見惚れていた。
その全体の姿が好みの画になりそうな気配・・・・・
広角に付け替えるのだが24mmか28mmか・・・・
レンズに頼ってのデフォルメされた画はあまり好みではない。
28mmに落ち着いたのだが、これでも僅かにディストーションが見られる。
この程度なら、ないよりは面白いのかも知れない。
山頂付近から流れる雲の姿が面白い。
山頂は隠れてはいるものの、長く裾を引いた富士の姿がとても気に入っている。




c0253996_16333241.jpg











ーーーー

[PR]
by tabiji008 | 2013-11-23 16:35 | 自然の風景