白藪つばき


ツバキの種類は大変多い。
江戸の頃に品種の改良が進み、茶花に用いられた品種もたくさんある。
江戸の頃、武家には椿は嫌われたということをよく言われているが、どうやらあれは俗説らしい。
武家屋敷にも椿が随分と植えられていたらしい。
園芸用品種は数多いが我が国に自生する椿は、この藪つばきと日本海側に自生するユキツバキあるいはその変種だけの様である。
ただ、藪つばきは目にすることが多いのは真っ赤ならっぱ咲のものがほとんどであるが、この白い藪つばきは何処に位置するのであろうか・・・・・・



c0253996_17551386.jpg












ーーーー

[PR]
by tabiji008 | 2014-01-12 17:55 | 植物、花の世界
<< 寒咲き花菜 白梅一輪 >>