数寄屋侘助




数寄屋と呼ばれる品種であるが、数寄屋侘助と呼ばれる様に、侘助系の椿である。
侘助と呼ばれるようになった経緯については諸説があり定説はない。
そもそも侘助と呼ばれる条件は有楽椿の子孫であること、葯が退化していること、これらを満たすことだとされている。
西の地方では有楽椿と呼ばれている様であるが、関東では太郎冠者と呼ぶ事が多い様である。

花が開ききらないことを条件に挙げることは必要ではなかろうと思う。
確かに、猪口咲きやらっぱ咲きのものは多いが、開き方で正確に見分けることは困難であろう。




c0253996_1635270.jpg











ーーーー

[PR]
by tabiji008 | 2013-12-27 16:04 | 植物、花の世界
<< 熱帯すいれん はなやかに・・・・・ >>