しゃこばさぼてん




何故かこの花の姿が好きである。
随分と特異な姿をしている所為かもしれない。
とは言っても特異な姿の花はこの花に限ったことではない。

先日手に入れたこの花も、もう随分と花の数が少なくなってきた。
暖かな日差しを浴びた姿をぼんやりと眺めていると、なぜかこんな淡い姿が浮かんで消えた。



c0253996_16331682.jpg











ーーーー

[PR]
by tabiji008 | 2013-12-01 16:33 | 植物、花の世界
<< 晩秋の渓谷 真っ赤な山茶花が・・・・ >>