石の仏







石の仏の在り様は様々である。
様々な人々に崇められ、きれいな姿でたたずむ仏もあれば、山の崖下の草むらに埋もれる様に佇む仏もある。
仏を刻むには何かしらの、心が込められてきざまれるのではあろうが、いつの間にか疎遠になり忘れ去られてしまうのであろう。
それでもその仏を目にした人は、何か敬虔な気持ちになり、通り過ぎることがあるのかもしれない。
その仏には、いつまでもその願いを込めた人の心が、残っているのであろう。





c0253996_1432686.jpg










ーーーー

[PR]
by tabiji008 | 2013-02-09 14:33 | 自然の風景
<< マンサクの木々を縫って・・・・・ 探梅の候 >>