人気ブログランキング |

花見の移り変わり



この頃は、さくらの花見で大騒ぎすることもなくなったのか、花見のための場所取りなどと言うこともあまり耳に入ってこなくなったような気がする。

それもこの頃は、のんびりと花見を楽しむ余裕がなくなった、そんな時代になったのか。
それとも楽しむことが他に多くなったのだろうか、あるいは政治の貧困が市民の余裕を奪っているのだろうか。
だとしたら、そんな無能な政治屋を選び出した人々の見識の不明であって、自業自得というものだろう。
参政権の行使は民主主義の表象であるなどと、安易に考えて安易に投票所に出かける時期はもう済んだ。
今一度おのれの行使する参政権がどの様な結果をもたらすものは、じっくりと考えてみる必要があろう。
議院内閣制は民主主義の政治形態であると安易に考えている人々は多いが、その現れ方は即、専制政治に転化する危険性をはらんでいる政治形態である事を認識する必要がある。
それ故に、参政権の行使は好くもなり、おのれの首を絞めることにもなることを認識する必要がある。

若かりし頃は上野の山の花見のための場所取りに若い者を使って早朝から奔走して席の確保をしていた、そんな楽しみもあった。
さくらの花見で有名なのは秀吉の吉野の、あるいは醍醐の花見であるが、花見自体は平安の頃から行われていたと何かで読んだことがある。
平安の頃の花見は庶民にはその余裕もなく、行っていたのは貴族と呼ばれる輩であったのだろう。
貴族などというものは、働くこともなく、何も生み出すものもなく、ただ穀を潰すだけの平安時代の貴族達は、庶民から搾り取った財で、さくらが咲けば、桜を春の花の代表するものとして愛で、あるいは歌を詠み、さらには酒を飲んでは花見の宴を開いて楽しんでいた。
世に必要な生き物ではなかったと言っていい。
ただ庶民から、財を巻き上げおのれの安楽のために現を抜かす輩であったのだろう。
江戸の頃になって漸く庶民も、春の花見に秋の紅葉狩りにとおのれ達の生活に楽しみを見いだしていたようである。
吉宗が植えたと言われる飛鳥山のさくらも、随分と庶民の憩いに役立ったさくらであったといわれている。







c0253996_18124759.jpg




<掲載写真の複写、転載はお断り。>




















ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



# by tabiji008 | 2019-04-08 18:17 | 写真と随想

さくら

今の時期、花の画といえばソメイヨシノばかりが目に付く。

今、誰もがさくらといえばソメイヨシノというくらい、他のさくらには目が行かない様な気がする。

たださくらを撮ろうとするとき、花ばかりがまぐれ付き、あまり面白みがないような気がして、滅多にソメイヨシノを撮りに行くことはない。

我が国に自生するさくらはそれなりに眺めるととても風情のあるものばかりで、それらのさくらに興味が移る。

オオシマザクラにヤマザクラ、エドヒガンにカスミザクラやマメザクラ、どれもが園芸品種の親たる種のさくらである。

ただ残念なのは霞ザクラなるものを一度も見たことがない。

とはいえ、今さくらを撮りに行くと必然的にソメイヨシノを撮らざるを得ない篏めに落ちいるくらい外すことのできない品種のようである。

だがただ花ばかりを撮っていても面白みがない様な気がして色々工夫はしてみるが、なかなか思うようには行かないものである。

もうすぐ、サトザクラの八重のものが咲き始めるであろう。

西日を浴びて、ほんのりと染まった花は美しかった。


c0253996_18310066.jpg


<掲載写真の複写、転載はお断り。>














ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



# by tabiji008 | 2019-04-04 18:37 | 写真と随想

桜は咲いたが




ソメイヨシノが五分ぐらいは咲いたろうか、ヤマザクラの咲きだしが随分と遅いようで今頃になってちらほらと花を見せ始めている。


カンヒザクラの姿が見え、河津桜の姿が見えて、今年は一度に桜楽しむことができるようだが、こんなのはあまり有り難い現象ではない。

やはり咲く時期に順々に咲いて、いる年の方が風情があって好い。

河津桜などに至っては、今が時期とばかりに咲き誇っている。

伊豆の二月の気候と、我が家近辺の現在の気候が同じとは・・・・

ここしばらくは、天気のよい日は桜を求めて徘徊することになるのであろう。

桜祭りなどやっても、出かけるにも駐車場がない。

何本もバスを乗り継いでおいで下さいではありがたくもない。

市民の利便を優先して考える姿勢の市と我が住む市のように、市民の利便は二の次という市政の市では随分と差がある。
住居を決める際は市の有り様を十分検討して住まないと、後々後悔することになる。



c0253996_17554725.jpg


<掲載写真の複写、転載はお断り。>



# by tabiji008 | 2019-04-01 17:59 | 写真と随想

四季折々の風情を楽しむために・・・
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31